2014年12月27日

ギターアンプ修理

前にPolytonというアンプを壊れているからと頂いたのですが、先月頼んだスピーカーがようやく届いたので修理してみました。

コチラがBefore
po1.jpg

ぱっと見ておかしそうな所は、インプットジャックの接触が悪い、ヒューズが3A←!?、スピーカーが破けているの3点でした。

まず、インプットジャックは中をあけてちょっとジャックをいじったら治りました。

次はヒューズ。 3Aが付いてましたがこれはやばいです! 大きな電圧?電流?が流れたらアンプ壊れます、最悪感電するかもです、、、 ここは1Aのものに交換して問題なさそうだったのでオーケーです。

最後のスピーカー。 一応音はでるみたいですが、さすがに破けているので交換しました。 このポリトーンは12インチ4Ωのちょっと珍しい仕様のスピーカーしか合わないので選択肢があまりなかったのですが 『EMINENCE TEXAS HEAT 4』というのを見つけて注文しました。 ついでにスピーカーグリルも取り付けますした。
EMINENCE TEXAS HEAT 4
po2.jpg

スピーカーグリル
po3.jpg

After
po4.jpg

少し音だししてみましたが問題なさそうです。

スピーカー交換後の感想ですが、ポリトーンらしいコンプレッション感が若干薄れて全体スムースな感じになった気がします。 ただもうちょっと弾いてみないと実際よく分からないですね、、、

しばらくは試してみようと思います♪
posted by sunotake at 03:16| Comment(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。