2017年04月01日

テレキャスター

最近テレキャスターばっかりで申し訳ないです。

今回は配線材(ギター内部配線用のケーブル)です。

フェンダーのギターでは60年代後半位?までクロスワイヤーという布巻きの配線材を使っていました。

色々とそのレプリカのような配線材がでています。 ちょこちょこと見つけては買っていて、今このくらいうちにはあります。
cameringo_2017-03-24 16.43.07.jpg


ただこんだけあっても当時の
『22AWG 撚り線 7×30AWG ハンダめっきなし』という仕様の物は現行品では3社だけしか見つかりませんでしたね。
あと、裏技?的な感じでギブソンスタイルの網線ワイヤーの中の線が同じ仕様になってることがあります。

で、テレキャスター用に今回一通り試してみて取り合えす使えそうな候補2つ絞りました。 シングルコイルに合いそうなC社の物とハムっぽい感じのするS社の網線の中身といった感じです。

次はコンデンサかな。

こちらは先日の某教室の発表会サポート、いただいたので!
1490760416773.jpg
posted by sunotake at 02:18| Comment(2) | 楽器・機材
この記事へのコメント
初めまして。
自分も最近テレキャスターに手を加えていて、楽しく拝見させて頂きました。
よろしければ伺いたい事がありコメントさせて頂きます。

@配線材について
オリジナルのクロスワイヤーに近い品質の現行品を探していくつか購入してみたのですが、メッキで撚り線の先が固められているものしかなくできればそのままの状態の者を使いたいと考えております。
出来たましたら、そのような仕様のクロスワイヤーを扱っているところを教えいただけないでしょうか?

Aコンデンサーについて
現在directronのセラミックコンデンサー0.5mfの耐圧100vを仕様しているのですが、少し低域が強いように感じています。
アンプのセッティングや機材やピックアップの特性もあるかと思いますが、わずかな違いでも50vの方が扱いやすいものでしょうか?
使ってみての感想を伺えたらと思います。

お忙しいと思いますが、お時間ある時にお返事頂けたらうれしいです。
Posted by たに at 2017年05月07日 23:02
初めまして、たにさん。 

@のクロスワイヤーは
・LINDY FRALIN (ヒューマンギアーさん取り扱い、購入場所忘れました)
・All Parts (購入場所忘れました)
・Crazy Parts (ドイツのパーツショップです)
の3種がそうでした。

Aコンデンサは100vと比べると50vの方が全体的にローはすっきり目になる気がしました。 耐圧が上がるとローもハイも増える傾向にあると感じてます。 あと、directron(サークルD)はローがわりと出るタイプと感じました。

何か参考になれば幸いです。
Posted by すのうち at 2017年05月08日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。