2017年06月09日

初ディレイ

初めてディレイ単体のエフェクターを買いました。
cameringo_2017-06-07 17.51.16.jpg


Strymon“El Capistan”です。

ディレイはこれまで、自作の物とLine6のM5に入ってるものを使ってました。
自作の物は音は気に入ってるけど機能が少ない、M5は機能は充実してるけど音がもう一つ、って感じでこれをまとめられたらなって、音がよくて機能も充実してる物を探していたのでした。

何機種か試奏したのですが、一番気にした点としてバイパス音とオンにした時の原音とエフェクター通さない状態の音の差。 これがSTRYMONがかなり良かったです。

同じSTRYMONのTime Lineとも迷ったのですが、逆に機能がありすぎて大きさも気になったのでこちらにしました。

でEl Capistanですが、まず音がほんとにバランスが良いです。 原音もディレイ音もローやハイがですぎることなくうまくまとまります。 特殊な機能などはほとんどついてないですが、単純にディレイとしての機能に対してのコントロールが豊富で、それでいてそれぞれが直感的に操作できるので、守備範囲が広くて使いやすいと思いました。

posted by sunotake at 13:32| Comment(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。