2018年08月09日

テレキャスターの配線材

数カ月前にナットを交換したのですが前より大分ローが出るようになってしまって、それで最近これまでの配線材を外してstewmacの物に交換しました。

これで先週のセッションで使ってみたのですがやっぱりシックリこなくて、こんな感じでLindyの物と、Crazypartsの物と比較してみました。
cameringo_2018-08-09 17.03.36.jpg

比べるとLindyのがローがスッキリしてハイもちょっとマイルドな感じでしょうかね。
Lindyに再度変えてみようかな。

あと、フルアコもピックアップを変えてみました。

これまでついてた、Bare knuckle Muleもとても良い感じだったのですが、ハイに癖がある感じとやっぱりこれもローが出過ぎる感があって、手持ちのVoodoo HB59に交換してみました。

結果は良い感じに変化しましたね。 muleは高音が独特のコンプ感?があったのですが、Voodooはナチュラルで味付け全然なし、ローもかなりタイトで狙い通りそうです。
posted by sunotake at 17:22| Comment(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。