2015年01月10日

ピック

ピックにはまってると前に書きましたが、いくつか試してとりあえず落ち着きました。

MHM_20150110_013334.jpg

CLAYTON / Small Tear Drop Ultem Pick 1.07mm
というピックです。 前に使っていたのも同じ種類で厚さが0.94mmのものでした。

芯がありながらカラっとした高音がやっぱり好みですね〜

只このピック、2つばかし問題もあります

まずは、ピックが反ってる事

程度の差はありますが、ほぼ100%反ってますね(笑)

これは凹の面を表(親指で握るほう)と決めて使うことで解決しました。 ちなみに逆(凸面を親指)はダメでした、、、

もう一つは新品だと全然良い音がしない事

このピック、二枚の板を張り合わせているらしくて、この接続面が雑なせいか使い始めは全然よい音がしません(笑)

これはまずは練習で使い込んで、この断面がなめらかになってようやく使えるようになります。

とまあ面倒くさいピックなのですが、これが今の所一番好みなんですよね

これが準備ができた状態です
MHM_20150110_013504.jpg


で、とりあえずピック探しも落ち着いたので48枚買いました
MHM_20150110_013700.jpg

48枚って思ったより見た目少ないですね、、、
タグ:ピック
posted by sunotake at 02:33| Comment(0) | 楽器・機材

2014年12月27日

ギターアンプ修理

前にPolytonというアンプを壊れているからと頂いたのですが、先月頼んだスピーカーがようやく届いたので修理してみました。

コチラがBefore
po1.jpg

ぱっと見ておかしそうな所は、インプットジャックの接触が悪い、ヒューズが3A←!?、スピーカーが破けているの3点でした。

まず、インプットジャックは中をあけてちょっとジャックをいじったら治りました。

次はヒューズ。 3Aが付いてましたがこれはやばいです! 大きな電圧?電流?が流れたらアンプ壊れます、最悪感電するかもです、、、 ここは1Aのものに交換して問題なさそうだったのでオーケーです。

最後のスピーカー。 一応音はでるみたいですが、さすがに破けているので交換しました。 このポリトーンは12インチ4Ωのちょっと珍しい仕様のスピーカーしか合わないので選択肢があまりなかったのですが 『EMINENCE TEXAS HEAT 4』というのを見つけて注文しました。 ついでにスピーカーグリルも取り付けますした。
EMINENCE TEXAS HEAT 4
po2.jpg

スピーカーグリル
po3.jpg

After
po4.jpg

少し音だししてみましたが問題なさそうです。

スピーカー交換後の感想ですが、ポリトーンらしいコンプレッション感が若干薄れて全体スムースな感じになった気がします。 ただもうちょっと弾いてみないと実際よく分からないですね、、、

しばらくは試してみようと思います♪
posted by sunotake at 03:16| Comment(0) | 楽器・機材

2014年07月12日

ピックアップ

ストラトのピックアップ(マイク)を交換してみました。

IMG_20140711_192421.jpg

Raw Vintage RV-5661

これまで着いていたのは、Vanzandt Turue Vintage というピックアップ

ちょっと低音がぼやけるかなというのと音がキレイ過ぎる感じもするので、ずっと気になっていたRaw Vintageを試すことにしました。

Raw VintageにはRV-5661とRV-6264とモデルがあってどちらか迷ったのですが、色々動画とか見た感じだとRV-6264はTrue Vintageに近いかなと思ったのでRV-5661に

少し弾いてみた感じとしては、True Vintageとの比較になりますが、

まず、全体的に枯れた感じで、ミットからそのちょっと上にかけてが太くて良いですね! 低音がスッキリしてるけれど、薄い感じではなくタイトでよい感じです。 高音側も若干スッキリしてコンプ感は少し薄れて枯れた感じがします。 思ったほど高音の太さは感じないかなとも思いましたが、大きい音出すとまた違うかもしれません。

True Vintageの高音のプリっとした感じは良かったですね。 True Vintageはローズネックのストラトにつけた方が好みな音になりそうな気もします。

しばらくこれで使ってみますよ〜
posted by sunotake at 02:50| Comment(0) | 楽器・機材

2014年04月05日

ギターケース

今使っているギターケースがぼろぼろになってきたので新しいのを買いました。
case.jpg

Providence PEG-1 BK
どうせならセミアコもエレキもどちらでも入れられるケースがないかなと思って探して見つけました。 少し大きめの作りですが、エレキギターを入れてもしっかりフィットして良いです。 見た目もシンプルで、ポケットも広くて良いですね!
posted by sunotake at 00:18| Comment(0) | 楽器・機材

2014年02月24日

テレキャスター

2ハムテレキャスターのピックアップ&電気系統を総入れ換えしました。

パーツを一通り購入
1.jpg

ピックアップは、フロントがsuhr ssv、リアがsuhr ssv+をチョイス
2.jpg

ノブもついでに交換して、こんな感じになりました
3.jpg

音は狙い通りに良い感じになりましたよ!

Suhrのピックアップは僕好みですね、、

ヴィンテージ系のピックアップの良さは残しつつ、現代向けな音作りがしてあって使い易いです

うるさくない程度にしっかり高音が出ていて低音はドライですっきり目、ミドルがほんの少しだけあがっているかなという印象

アコースティックな感じもあるけど、パワーも割りとある気がします

リアのssv+は結構パワーがあるので、普通のssvでも良かったかもしれないですね〜
posted by sunotake at 23:54| Comment(0) | 楽器・機材

2013年04月05日

サドル交換〜

ストラトのサドルを交換しました!

着けたのはコレ↓
NEC_0209.JPG
GRAPHTECH PG-8001-00


Before
NEC_0210.JPG


After
NEC_0211.JPG

今まで付いていたのがKTS PR-15というチタン製のプレスサドルで、始めはFender USAのブロックサドルが付いていました。 PR-15はとっても良かったのですが、プレスサドルにしたらブロックサドルとは結構サウンドの方向性が変わってしまって、ちょっとこのギターに合わないかなと。 で、ブロックタイプで何かよさそうなのはないかと探してみたのですが、このギターのサドルはオフセットタイプといって、ブリッジに固定するねじ穴がサドルの真ん中ではなくて端に付いてるタイプなんですね。 ホントはチタンのブロックサドルを載せたかったのですが、オフセットタイプはなかったので諦めて他を探してたらこれを見つけました。 GRAPHTECHの黒いサドルは有名ですが、このタイプは知りませんでしたね〜。

音は前のPR-15との比較になってしまいますが、中音ちょい下〜低音が増えて高音側がちょっと減って全体的にマイルドになったかなって気がします。 生なりは減ったけどサスティーンは伸びた気もしますね。 これは低音が増えたからかもしれません。 飛びぬけた所がなくてちょっと無難な感じもしますがバランスは良いと思いますね!
posted by sunotake at 17:52| Comment(0) | 楽器・機材

Fender USA Lone Star Strat

☆Fender USA Lone Star Strat (1999年製)
○1999年 購入

◎仕様
・ボディ:Alder
・ネック&指板:Maple
・ピックアップ:Txas Special(ネック&ミドル)
        Pearly Gates Plus(ブリッジ)

◎交換箇所
・ピックアップ:Vanzandt True Vintage(ネック&ミドル)
・スプリング:Raw Vingtage
・サドル:KTS PR-15(プレスサドル)
posted by sunotake at 16:50| Comment(0) | 楽器・機材

2013年02月11日

New!!

最近買ってしまったギターです!


tere.jpg

後ろ
tereu.jpg

Fender USAというメーカーのAmerican Deluxe Telecaster QMT HH Amberというモデル。

仕様はこんな感じです↓↓

・ピックアップ: ENFORCERハムバッキング×2
・ボディ Top :キルテットメイプル
・ボディ Back.:プレミアムアルダー
・ネック: メイプル
・フィンガーボード: エボニー
・フレット: 22
・コントロール:1ボリューム、1トーン
・S1スイッチ搭載

S1スイッチという謎のスイッチが付いてますが、ピックアップ含め電気系統は全部変えてしまう予定なのでそこらへんの良し悪しは無視してます。

ハムバッカーが2つ付いたギターが欲しいと思っていたのですが、ギブソンのレスポール系はマホガニーという木を使っていてちょっと重い感じの音になるのが微妙でした(ギター自体も重い)。 かといってコンポーネント系のギターは逆に音が軽くなりすぎる感じな物が多い気するし、、、。

ということで出音が鋭くて、ハムらしい腰のある音が出るギターないかなってちょっと探していたのですが、そこでこの2ハムのテレキャスターが目に留まった訳です。

ちょっと弾いてみてますが、まずボディーが軽くてヘッドが重いので重量バランス悪いですね〜。 音は色々変える予定なのでちゃんと試してないですが、一応狙い通りの方向の音がしてます!

気になる所を変えていってどう仕上がるか楽しみです♪
posted by sunotake at 22:27| Comment(0) | 楽器・機材

2012年11月15日

TREMOLO TONE SPRINGS

前に買ったRaw Vintageのスプリング装着後の音の変化(コチラの日記)が予想以上に良かったので、ESPのスプリングも買ってみました

こちらはType-1とType-2(ハイミッドの音域強化)の2種類あります

esp.jpg

左がType-1で右がType-2です

まずはType-1を装着、、、

やっぱり変わりますね〜。 ミドルあたりが良い感じに出てきて、アタック感が増す印象。 Raw Vintageとは音の方向性が違うけどこちらも良いです。

次にType-2、、、

コチラはハイミッドに随分音がよってる感じですね〜。 これ単体だとちょっと使えないかな、、、って印象。 Type-1を張ってもっと上が欲しい時や、音が重く感じ場合にType-2を混ぜると良いかもしれないですねー!

で、色々と試して現在のストラトはこんな感じ

spring.jpg

ESP Type-1が4本にRaw Vintageが1本です。 スプリング交換は手軽にできる割に効果はかなり大きいので、スプリングつきギターで音に不満があったり、変化が欲しい場合はおすすめですよー!
posted by sunotake at 20:15| Comment(0) | 楽器・機材

2012年08月25日

そういえば

そういえばストラトのピックアップを変えていたのでした。
van.jpg


st.jpg

フロント、ギブソンのミニハムからフロント&センターをVanzandtのTrue Vintageに交換。 フロントは結構狙い通りの高音がちょっとプリッとした太い音ながら高音もしっかり出ている音で気に入ったのですが、センターがちょっとぺらぺらな音でいまいちでした。 センターをVanzandtのBluesあたりにするとちょうど良さそうな気もするので、また変えてみようかな! ちなみにリアのタップスイッチと、フロント+リアの音が出せるスイッチをつけてみました。 タップスイッチはいまいちでしたが、フロント+リアの音は思ったより使えそうで良い改造したね、おすすめ!!
posted by sunotake at 02:41| Comment(0) | 楽器・機材

2012年08月16日

ストラト改造中

まずはキャビティーのシールドです。 ギター内の配線やらの電気系統が通る所の周りを、電導塗料(電気を通す塗料)を塗って覆うことにより、外部からのノイズをシャットアウトするわけです。 使うのはこれです。
『Noise Hell-01』&『Noise Hell-03
no.jpg

Noise Hell→ノイズヘル→ノイズ減る、、、ダジャレ?!

主原料が銅である03の方を使いたかったのですが、ポリ系の塗装のギターのは01を塗ってからでないと使えないということなので、01を塗ってからその上に03を塗ります。

bo.jpg

kya.jpg

組み込んでしまえば見えない所なんでかなり雑な仕上がりです。 シングルピックアップに変える予定なのでノイズ対策はこれでばっちりかなと思いまず。
posted by sunotake at 12:29| Comment(0) | 楽器・機材

2012年08月14日

最近買ったもの

KTS PR-15
KTS.jpg

ストラトのチタン製のサドルですね。

装着前
FeTR.jpg

装着後
KTS2.jpg

こんな感じです。

コチラも装着前と後では音はかなり変わって、前は中低音はぼやけていて高音がチャリンって感じだったのが、全体的にすっきりして、ブライトだけれども不思議とウォームさもある音で、フェンダーのストラトっぽい音って印象です。

スプリングとサドルを変えて違う楽器かって位全然音が変わってしまって、良いのか悪いのかも判断しかねてしまっている状況ですね〜、、、。 そしてまた明日は、新しいピックアップが到着する予定です!!
posted by sunotake at 00:02| Comment(0) | 楽器・機材

2012年08月03日

買ったもの@

Raw Vintage RVTS-1 Tremolo Springs
raw.JPG


ストラトのトレモロ・スプリングです。 ボディーの後ろについてるバネですね。

装着前
be.JPG


装着後
af.JPG


装着後、生音で弾いてみた感じは、気持ち音が太くなったかな、スプリングがリヴァーブみたいにすごい、シャーンって感じでなるなって印象。

で、アンプを通してみると、思っていた以上に音が変わっていてびっくりでした。

音がマイルドになって太くなった印象で、ただちょっと高音は落ち着くかなといった感じ。

装着前は全体的に音がチョイ硬めでパスパスする感じ。 ちなみに元はFende USA3本とJapan1本。

スプリングだけでここまで音が変わるとは驚きでした。 他にもESPやCallahamからも出ているので、そちらも試してみたいですね!
posted by sunotake at 16:31| Comment(0) | 楽器・機材

2012年06月18日

ピックアップ

Fender Japan D'Aquisto Eliteのピックアップを交換してみました。
smooth.jpg

「Lundgren」の「Smooth Operator」

オリジナルのピックアップはパワーがあるせいか、歪み易くて困る事があったのでこれでましになるかなと。

本日は大宮アコジャムでセッションホストです!

ピックアップ交換したギター使います(笑) 時間のある方は是非お越し下さい!
posted by sunotake at 18:21| Comment(0) | 楽器・機材

2011年01月02日

ピックアップ

フェンダーダキストのピックアップ交換しました
NEC_0114-.jpg
>今までつけてたVoodoo HB'60は相性悪いのかやけにトレブリーな感じ、最初についていたピックアップに戻しました

元のはたぶんオリジナルで、結構パワーがあって今までのとはずいぶんタイプが違って、弾いてて新鮮です

配線材はリンディの一芯シールドの物
posted by sunotake at 21:07| Comment(0) | 楽器・機材